突然のことで

祖父が亡くなった。

5月28日。

 

その二週間前には、祖母の七回忌をみんなで行ったばかりで

次は十三回忌だね、

そこまでは、無理かな

なんて祖父は言っていた。

 

忘れないでねって。

 

おばあちゃん、連れて行ってしまったのかしら。

五月は季節が気持ちよくて

悲しい気持ちばかりでいっぱいにしない。

 

でも、まぁ。

前日に近所の人たちとおいしいお酒を飲んで

なくなったとのことで

お酒も人と話すことも大好きだった

祖父らしくて

良い気がする。

 

それでも、あまりにも突然で

実感がわかないの。

 

ふと思い出すと

涙が出てくる。

 

 

 

こんなとき、

息子のいやいやに

イライラすることが辛い。

 

なんにもしたくない。